トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

麻布十番モンタボーの牛乳パン

以前、麻布十番へ麻布かりんとを買いに行った時のこと。

麻布十番は下町風情が残ってて、とてもおいしそうな店がたくさんあります。

麻布十番にかわいらしい店構えのパン屋さんがあります。

クリームパンあるかなあと思い、入ってみました。(いつもパン屋さんを見つけては大好きなクリームパンを購入する癖があります)

おいしそうなクリームパン・・・しっかりありました。

クリームパンをトングでつかみ、トレイの上にのせたあと、少し大きめのパンを見つけました。

「牛乳パン」

1

直径が12センチ弱ってとこでしょうか。

レジカウンターにパンの焼きあがり時間をお知らせするボードがあるのですが、ちょうど私が購入した時間は焼きたての30分後だったようで、まだほんのりとあたたかったです。

食パンやフランスパンが、焼き上がり時間をお知らせするっていうのはよく見かけるのですが、菓子パンの焼き上がり時間ってお知らせするなんて、めずらしいと思いました。

しかし、食べてみてわかりました。

焼きたての牛乳パンがものすごくおいしいのです。

パンは何でも焼き立てが一番ですが、この牛乳パンは夢中になって食べてしまいました。

とにかく香りがいいのです。

せっかく焼き立てに近い状態なので、主人と歩きながら牛乳パンをほうばっていたのですが、結構な大きさにもかかわらず、あっという間に食べ終わってしまいました。

牛乳クリームを練りこんでいるそうです。

ほんのり甘い味がさらに夢中になりました。

その日から、東京へ行ったら「モンタボーの牛乳パン」を必ず食べると決めてます。

牛乳パンのみならず、クリームパンやメロンパン、惣菜パンもおいしかったです。

一番初めに焼き立てに近い状態の牛乳パンを食べてしまったのですが、そのあと食べた焼き立てでない、冷めた後の牛乳パンもおいしかったです。

モンタボーさんは全国展開されているのですが、全国展開しているパン屋さんの中では一番好きなパン屋さんかもしれません。



<麻布十番モンタボーの牛乳パン>

牛乳パン ¥367

麻布十番モンタボー  http://www.sweetstyle.co.jp/mont-thabor/

東京都港区麻布十番2-3-3

※大阪は東大阪の西友八戸ノ里に入っているそうです。

あとは京都山科、滋賀の長浜・東近江・近江八幡にあるみたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

さくら工房の米粉のシフォンケーキ

先日のマルシェの話の続きになります。

この土曜日にマルシェにてポンカンを購入したのですが、もう一つ、先月のマルシェで気に入ったおやつも再び購入しました。

先月初めてマルシェに行ったとき、「米粉のシフォンケーキ」をみつけました。

「米粉のシフォンケーキ?」

どんな味なんだろう。。。と気になっていたら、お店のお姉さんに

「どうぞご試食なさってください」

とすすめてくださったので、試食させていただくことにしましたが・・・・

プレーン、マーブル、チョコアーモンド、いちじく、ゆず、チャイ、いちご・・・・と種類が豊富!

「種類がたくさんあるから、試食も迷いますね」

と関西弁のイントネーションで話すと、

「えっ!お姉さん、関西?私も関西やねん!」

と、親しみやすく話しかけてくれました

同じ近畿仲間でものすごく話がもりあがりました。

大声で笑うくらいたくさんお話したあと、おすすめのシフォンケーキを試食することに。

米粉ですが、普通のシフォンケーキを同じように軽くてふわふわ。

もっともっちりしているのかと思ったら、気持ちもっちりしているのかな?という程度でした。

米粉なので、米粉の甘い香りがしました。

このシオンケーキの中で人気があるのが「チャイ」や「いちじく」だそうで、季節ものとしては「ゆず」もおすすめだそう。

「ゆず」は無農薬栽培のものを皮ごと使っているとのことでした。

その時はいろいろ試食した後「ゆず」と「チャイ」を。

チャイはすごくスパイシーで、はまりそうなおいしさ。

明らかに「ミルクティー」味とは違うパンチがありました。

「ゆず」は香りがとてもよく、さわやかなおいしさでした。

今回のマルシェでは、その関西人のお姉さん(オーナーさんだそうです。)はいらっしゃいませんでした。(作り手のお姉さんがいらっしゃいました。)

またお話しをしたかったので少し残念。

でも作り手のお姉さんに少し話をお聞きして、今回は「いちじく」と「酒粕」を購入しました。

Photo_2

上が「酒粕」 下が「いちじく」

「酒粕?」

と味のイメージがつきませんでした。

しかし試食すると・・・・・酒粕だ・・・。

ほわっと日本酒の香りがして、これがすごくおいしい。

私は下戸ですが、ぺろっと食べてしまいました。

新潟の銘酒「〆張鶴」というお酒の酒粕を使っているそうです。

いちじくは大阪に帰ってからのお楽しみにしています。

次のマルシェではどのシフォンケーキを買おうか、今から悩み中です。



<さくら工房の米粉のシフォンケーキ>

各種1切れ ¥250 (マルシェ価格)

オンラインショッピングでは1ホール \3,150

常温では3日間、冷凍では1か月間 日持ちがします。

株式会社さくら工房  http://www.sakura-factory.jp/

横浜市青葉区あざみ野1-24-2-304

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

六本木アークヒルズマルシェでみつけたあったか高知のこなっちゃんのポンカン

毎週土曜日に六本木一丁目のアークヒルズで、新鮮な野菜やスイーツなどを販売するマルシェが開催されます。

先月、東京に来た時、初めてこのマルシェに行ってみました。

その時のマルシェがすごく楽しくて、また東京に来た時は、このマルシェで買い物しようと思っておりました。

そして、ちょうど、この土曜日は東京に来ていたので、楽しみにしていたマルシェに行くことに。

そのマルシェで今回みつけた!

「あったか高知のこなっちゃん」さんが販売している、「無農薬栽培のポンカン」

Photo

無農薬、自然そのままなので、正直見た目は。。。素朴です。

今回、私は初めて「無農薬ポンカン」を目にしました。

ポンカンは大好きな果物のひとつなので、早速ひとつ試食をいただきました。

一言でいうと、ものすごく力強い味!

甘味も酸味も香りも驚くほど強く、ものすごく濃い味!

ひさびさにこんなにおいしいポンカンに出会いました。

こちらのポンカンは、完熟手前のポンカンを一度収穫したのち、蔵で再度熟成させるとのこと。(こうすることでさらにおいしくなるとのこと)

手間ひまかかったぽんかんで、数は少なく、農協へは出荷されていないポンカンだそうです。

販売されていたお姉さんからたくさんお話を聞かせていただき、とても楽しいひと時をすごすことができました。

マルシェのこういった出会いも楽しいなあ。

とりあえず、大阪に持って帰れる分だけ購入し、帰ってから取り寄せしたいと思っています。

無農薬で安全でおいしい・・・こういった食べ物は力がでてきます。




<あったか高知のこなっちゃんのポンカン>

マルシェでの店頭販売 100g \60 (だいたい1個100gらいです)

取り寄せ: 5kg \2,500  10kg \4,500

高知から直送されるので近畿圏内までの送料は¥700です。

問い合わせ先

あったか高知のこなっちゃん 小松まゆみ

konatsu28@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

幸せの黄金鯛焼きのカスタード鯛焼き

実家の母は昔から、鯛焼きのことを、なぜか「たいやきさん」と言います。

なぜ「さん」づけなのかは、さっぱりわかりませんが、母が「たいやきさん」と言うとかわいらしく思えます。

千里大丸プラザに、安納芋(というサツマイモの種類)が入った、鯛焼き屋さんがあります。

昨年あたりに千里大丸プラザにオープンされたようです。

「安納芋?」

聞き慣れないサツマイモの種類。

幸せの黄金鯛焼きには、すべての鯛焼きに、安納芋のペーストが入っています。

大納言小豆+安納芋ペースト

カスタード+安納芋ペースト

といった具合に。

興味津々でカスタードの鯛焼きを購入しました。

Dvc00298

サツマイモの独特のどっしり感を予想していたのですが、思った以上に重い感じもせず、カスタードクリームも甘すぎず、おいしくいただけました。

1匹 ¥120

最近の鯛焼きにしては、お買い得だと思いました。

時々¥100の感謝価格の時もあるので、その時はさらにお得!

この鯛焼きは実家への手土産によく購入します。

この鯛焼きを持っていくと、母が

「また、たいやきさん 買(こ)うてきてくれたんかいな」

と笑ってくれます。


<幸せの黄金鯛焼きのカスタード鯛焼き>

カスタード 1匹 ¥120 (千里大丸店での価格)

幸せの黄金鯛焼き 千里大丸店  http://www.rakuten.ne.jp/gold/ohgon/tenpo.html

豊中市新千里東町1-1-1(千里大丸プラザ内)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

ヴィタメールのエクレール

一時期、私の中でエクレアブームがありました。

今でも、お気に入りのエクレアを販売している店はいくつかあり、ちょくちょく購入しているのですが、王道のチョコレートがかかったエクレアの中ではヴィタメールのエクレールが大好きです。

Photo

チョコレートが看板商品のヴィタメールさん。

当然のごとくコーティングされたチョコレートはおいしいです。

カスタードクリームもシュー生地もおいしいので、つい何度も買いに行ってしまいました。

個人的にヴィタメールのエクレールは、「食べやすい」という印象が強いです。

シュー生地がしっかりしているので、持ちやすく、エクレアの細さ加減が私にとってちょうどよい加減でした。

つづきは後ほど記載いたします。

しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

木の屋石巻水産の金華さば煮缶

おととしの秋に夫婦で初めて仙台に旅行に行きました。

仙台での目的は「食」。

牛タンを食べよう!

塩竃のお寿司を食べよう!

笹かまを食べよう!

生牡蠣も食べよう!

そして可能であれば気仙沼ホルモンも食べたい!

さすがに気仙沼まで行くことはできませんでしたが、目的どおりたくさん、おいしいものをいただくことができました。

大阪に帰ってからも、仙台グルメを楽しみたくて、探して見つけた

木の屋石巻水産の金華さばの缶詰!

Photo

写真はみそ煮缶ですが、水煮缶も購入してました。

今まで、さば煮缶を食べる機会はほどんどなかったのですが、この缶詰を食べてから、結構な頻度で食べてます。

さば煮缶ってこんなにおいしかったっけ??

と思わせる缶詰です。

このさば煮缶でごはん2杯いっちゃいました。

みそ煮はそのまま、水煮はサラダにするとおいしいです。

水煮缶は水煮のスープがしっかり味がついているので、ドレッシング代わりになります。

秋の限定生産なので、夏ごろになると手に入りにくいので秋冬でさば煮缶を楽しんでいます。


<木の屋石巻水産のさば煮缶>

みそ煮缶・水煮缶とも ¥330

木の屋石巻水産  http://kinoya.co.jp/eccube/products/list.php?category_id=8

宮城県石巻市魚町1-11-4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

住吉団子のいちご大福

いちご大福がおいしい季節が近づいてきたように思います。

まだ冬ですが、冬から春にかけてがなんとなく、いちご大福の季節のように思います。

6年ほど前に、住吉団子のいちご大福を初めていただきました。

姉から

「住吉団子のいちご大福はおいしい」

と話を聞いていたため、なんばへ行った帰りにおみやげで買って帰ったのがきっかけです。

住吉団子のいちご大福と聞いて、母と姉は大喜び。

ものすごくおいしそうに食べる二人を見て、あんこが苦手な私も少し食べてみたくなりました。

食べてみて、正直おどろきました。

大福の中の白あんは少し少なめで、中には大きなイチゴが。

そのイチゴが本当においしい。

おもちもすごく柔らかくて、あっという間に食べてしまいました。

この時から、

「苦手なあんこでも、一度は食べてから苦手かどうか判断しよう!」

と思うことができました。

先日も、なんばウォークの住吉団子さんの前を通ると、ついついおいしそうないちご大福に目を奪われて、買ってしまいました。

Photo

熱いお煎茶といちご大福は幸せな気持ちになります。


<住吉団子のいちご大福>

いちご大福 1つ¥168

住吉団子なんばウォーク店 http://walk.osaka-chikagai.jp/shop_detail/id=2158

10:00~21:00

(住吉団子 西大橋本店 http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27015026/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

パネポルチーニのもちもちパン

月に一度、資格学校の仲間と一緒に「女子会」をします。

同年代の女性3人で集まるのですが、3人ともおいしいものを食べに行くことに労を惜しまないという、うれしい共通点があります。

おいしいものと尽きることのないおしゃべりが最高に楽しい女子会。

今月で3回目になる女子会。

今回は大阪福島にある、もつ鍋屋さん「もつ福」に行くことに。

主人がお気に入りの「もつ福」さん。

一度、主人につれていってもらったことがあり、おいしかったので、3人で行くことにしました。

その、もつ福さんの斜め向かいにある、小さなパン屋さん「PANE PORCINI (パネ ポルチーニ)」。

以前、主人と一緒に福島界隈を歩いていたときに見つけ、一度立ち寄ったことがあります。

その時はそうでもなかったのですが、女子会の日は、すごい混み具合!

混んでいたのですが、お店の中をのぞくと・・・やはりちょっと買ってみたくなる。

と、いうわけで買ってみました。

Photo_3

左から、もちもちパン(ちょっと形がくずれています・・・)、クリームパン、メロンパン。

この中でも人気NO.2のもちもちパン(ちなみにNO.1は塩フォカッチャ)が一番好きでした。

名前の通り、もちもちの食感。

表面がほんのり甘くて、食べ応えはしっかりしてて、おいしい。

軽いわけではないのに、1/4切れ食べては、1/4食べ・・・という具合に、ついつい食べてしまいます。もつ鍋を食べた後にもかかわらず・・・


PANE PORCINI (パネ ポルチーニ)のもちもちパン>

もちもちパン ¥158

PANE PORCINI (パネ ポルチーニ) http://www.porcini.jp/top.html

大阪市福島区福島5-10-22

日・祝 定休  11:00~売り切れまで


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

麻布かりんとの麻布かりんと

主人が東京へ長期出張しているため、ときどき東京へ会いに行きます。

主人の仮住まいのマンションが麻布十番にわりと近いので、私が東京で食料品を買いに行くときは、地下鉄に乗って、麻布十番まで買出しに行きます。

麻布十番と言えば、「泳げタイヤキくん」のモデルになった、たい焼きの浪花家総本店さんが有名ですが、その浪花家さんの近くに、おしゃれなかりんとうの店がありました。

麻布かりんと さん。

東京の方なら(東京近郊の方なら)、ほとんどの人がご存知だと思いますが、私はそのかりんとう屋さんが、有名なかりんとう屋さんとは全然知らなかったので、

「なぜこのお店がこんなに混んでいるのだろう??」

と不思議に思っておりました。

お店の中に入ると、それはそれは、かわいいパッケージのかりんとうがたくさんありました。

色とりどりのパッケージに、あれもこれも・・・と欲しくなるばかり。

ゆずかりんと・・・味噌かりんと・・・生姜かりんと・・・・そして定番の「麻布かりんと」

Photo_2

どのかりんとうもおいしかったのですが、やはり定番のかりんとうが一番好きでした。

しかし「麻布かりんとは」ちょっと大き目のかりんとなので、「麻布かりんと」の一口サイズ版の「黒糖丸かりんと」がちょうど食べやすいかもしれません。

麻布かりんとには、濃い目のほうじ茶がよく合います。

この組み合わせで食べると、止まらないので要注意です。


<麻布かりんとの麻布かりんと>

麻布かりんと 80g ¥360

麻布かりんと  http://www.azabukarinto.com/

東京都港区麻布十番1丁目7-9

毎月第2火曜定休

AM10:30〜PM8:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

原了郭の黒七味

昔、勤めていた職場の近くにおいしいお蕎麦のお店がありました。

関西では、どちらかというと「お蕎麦」よりも「うどん」が主流。

当時は、おいしいお蕎麦屋さんが今より少なかったので、蕎麦好きの私はそのお蕎麦屋さんへよく食べに行きました。

そのお蕎麦屋さんで、鴨せいろを注文すると、かならずついてくる「原了郭の黒七味」。

Photo_2

辛いものはあまり得意でないので、あまり七味を使うことはないのですが、この「黒七味」だけは別。

「辛味」というより「香り」

ゴマと山椒の香りが、お料理をひきたててくれます。

今では我が家の定番品。

主人は結婚してから、この黒七味を知り、どの料理にも一度ふりかけてみるというヘビーユーザーぶり。

個人的には、薄切りの牛肉を醤油でさっと焼いて少し黒七味をふりかけたり、きんぴらの仕上げにひとふりすると、高級料亭っぽい味になるように思います。

今では百貨店でも販売されているので、百貨店で購入することが多いのですが、京都四条に行ったときはお店によるようにしています。

お店の雰囲気も京都らしくて、楽しめるものがあります。

<原了郭の黒七味>

筒入り 7g ¥840

袋入り 10g ¥367

原了郭  http://www.kyoto-wel.com/shop/S81110/index.html

京都市東山区祇園町北側267
10:00~6:00
定休:木曜

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

パティスリーハナハナのロールケーキ

おいしいケーキ屋さんはたくさんあるのですが、中でも一番のお気に入りは、東豊中にあるPatisserie hanahana(パティスリーハナハナ)さん。

ハナハナさんでは毎年、主人のバースディケーキを作っていただきます。

実は、主人の誕生日は12/24。

ケーキ屋さんにとっては、1年で一番忙しい日。

結婚してから、クリスマスイブに、百貨店の洋菓子売り場などでバースディケーキを作ってほしいと言っても、全部のお店で断られた経験がありました。

主人は、小さいころから誕生日ケーキ=クリスマスケーキだったのでなんとかバースディケーキを・・・と思っていました。

ハナハナさんに出会ってから

「クリスマスイブなんですが、バースディケーキを作っていただけますか?」

とお願いしたところ、

「大丈夫ですよ!」

と笑顔で快諾。

ケーキがおいしいだけでなく、オーナーのお人柄のよさに、すっかりハナハナさんのファンになりました。

以来、毎年主人のバースディケーキはご迷惑と思いつつ、ハナハナさんでお願いすることに。

今年で3回目になりますが、12月の中ごろにお店に伺うと

「お誕生日ですね♪」

と覚えてくださってました。

今年は主人が東京に滞在しているため、主人の誕生日は東京で祝うことにしました。

東京であっても、お誕生日は必ずハナハナさんのケーキ!と決めているため、もちろんバースディケーキは注文しました。

クリスマスケーキの準備のために12/22は毎年お店を閉められているハナハナさんですが、今年は私が12/22に東京へ出発するため、ご無理言って作っていただいたのですが、そのときも笑顔で対応していただけました。

本当にありがたいお店です。

そんなやさしいお人柄のオーナーが作られたケーキはどれもすごくおいしいのですが、中でも、ロールケーキは絶品です。

Photo

(写真があまりきれいでないのですが・・・本当にすごくおいしい)

ケーキはふわっともちっとしてて、生クリームはあっさり。

生クリームの真ん中にカスタードクリームも入っていて、またこれがさらにおいしさをアップさせてます。

自宅用なら¥880、お土産用なら¥950 とお値段的にもお得。

小さいお店ですが、いつ見てもお客様が入ってらっしゃるのは

「おいしくて、お得で、あたたかいお店」 だからかもしれません。


<Patisserie hanahana(パティスリーハナハナ)のロールケーキ>

ロールケーキ 自宅用:¥880、お土産用:¥950

Patisserie hanahana(パティスリーハナハナ) http://www.h462.jp/100k/category/sweets/index.html

大阪府豊中市熊野町4-11-9

9:30~19:00 水曜定休





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

クノタカオキャラメルの胡椒キャラメル

3年前、まだ心斎橋そごうがあったころ、地下の催事で、気になるキャラメルが販売されていました。

何が気になるのかといいますと、キャラメルの種類が少し変わっているのです。

抹茶・カシス・・・塩・・・・・胡椒????

そう!胡椒のキャラメルがあったのです。

その他マンゴーなどのフルーツ味のキャラメルもあったのですが、私は胡椒のキャラメルがとても気になり、店員さんにどんな味か聞いてみたところ

「胡椒の味」

だそうで、その店員さんのおすすめは、「胡椒味」だとのこと。

「けっこういけます」

確かに面白い味でした。

クノタカオキャラメルは「ワインに合うキャラメル」だそうで、このキャラメルにはこのワインが合いますと説明書きがついてました。

Photo

その当時、せっかくなのでワインと一緒に写真を撮ってみました。

抹茶・カシス・塩・胡椒 の4種類が入ったキャラメルを購入しました。

確かに、大人味のキャラメル。ワインと合うという理由もわかるような気がします。

おやつというより、夜にこっそり一粒食べたい・・・そんな感じのキャラメルです。

個人的には塩とカシスのキャラメルがおいしかったと、当時は思っていたのですが、時間が経つにつれ、

「胡椒キャラメルがまた食べたい」

と思うように。

では、店舗を探して・・・・と思ったら、ネットでは月に一度限定のショップで、店舗販売は、大阪ではカーヴ・ド・テールさんというワインショップでしか販売していない。しかも必ず商品があるとは限らない・・・・とのこと。

そのため、3年前に食べたっきりの胡椒キャラメル。

もう一回食べたいのですが・・・


<クノタカオキャラメルの胡椒キャラメル>

8粒 ¥630(3年前当時の値段ですみません・・・)

クノタカオキャラメル  http://o.tabelog.com/otrdtl/8758/ (食べログより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

丸正餃子店の餃子

餃子は結婚してから、食べる回数が激増した料理の一つ。

独身時代の私は、餃子といえば「実家の手作り餃子」が定番で、実家の餃子に勝るものはない!と思っていたのですが、実家の餃子と同じくらいおいしいと感じる餃子を、高校時代の友人の家でごちそうになってから、私の餃子に対する考え方が変わりました。

大東市にある丸正餃子店の餃子。

この餃子が「外で食べる餃子もこんなにおいしいんだ!」と教えてくれました。

Photo_2

箱の中に詰まった焼き餃子の写真です・・・画像があまりきれいでなくてすみません。

一般的な中華料理店では、餃子は1人前程度しか食べない私が、丸正餃子店では3人前は軽いです。

おなかがすいていたら4~5人前くらい調子乗って食べます。

実家の手作り餃子も、個数で言うと30個程度、毎回食べていたのですが、丸正餃子も実家に匹敵するくらいの量を食べてしまいます。

丸正餃子に出会ってからは、他のお店でおいしい餃子はないか!と食べ歩くようになりました。

今では餃子の王将さんの餃子(特に宝塚インター店)の餃子も好きだし、ラーメン屋さんの餃子も好きになりました。

ただ、実家の餃子と丸正餃子は今でも暫定チャンピオンです。


<丸正餃子店の餃子>

1人前(9個入)\270  店内飲食・テイクアウト・宅配注文 可

丸正餃子店 http://www.marusyougyouza.com/index.htm

本店:大東市三住町1-35 (電話)072-872-0776

第二阪奈店:

大阪府大東市扇町13-5 (電話)072-874-3960

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

レーブドゥシェフのさくっとミルフィーユ

昔、製菓店に製菓材料や道具を販売している知り合いに

「いままで食べた洋菓子で何がおいしかった?」

とたずねると、間髪いれずに

「レーヴドゥシェフ!」

と答えてもらったことがありました。

そのときはレーブドゥシェフさんを知らなかったので、興味津々♪

「レーブドゥシェフのアイスクリームを食べたが、すごくおいしい!」

と熱弁をふるっていたので、ますますどんなお店か楽しみになりました。

本店が神戸市垂水区の名谷にあるので、

「なかなか行けないな・・・」

と残念に思っていたのですが、なんばの高島屋にもあるとのこと!(今では梅田の阪神百貨店にもお店があるのですが、話を聞いた当時は、大阪にはなんば高島屋しかありませんでした)

早速、なんば高島屋に行き、アイスクリームを・・・と思いきや、ショーケースを見るとおいしそうなケーキがいっぱい・・・。なので、ついケーキを何個も買ったしまった覚えがあります。

その時に購入したケーキはどれもおいしく、すっかりファンになったのですが、その中でも特に気に入った「さくっとミルフィーユ」。

今でも、なんば高島屋のレーヴドゥシェフに行くと、売り切れになっていない限り、必ず購入します。

写真左が「さくっとミルフィーユ」

Photo

さくっとミルフィーユは、中にカスタードクリームとイチゴがはさまれてて、なんと¥210!

そして、おいしい!

おいしくて安い!

3時のおやつに紅茶と一緒に、がぶっとかぶりつけるようなおいしいミルフィーユです。


<レーヴドゥシェフのさくっとミルフィーユ>

さくっとミルフィーユ ¥210

レーヴドゥシェフ http://www.revedechef.co.jp/index.html

大阪 なんば高島屋B1F

本店:神戸市垂水区名谷町321-1

※梅田阪神百貨店内では、さくっとミルフィーユは販売されていないように思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

神戸近藤亭きっしゅやのキッシュロレーヌ

神戸に行くとついついお土産に買ってしまうもの・・・神戸近藤亭きっしゅやのキッシュです。

Photo

以前勤めていた事務所で、神戸方面のお客様を担当していたのですが、そのお客様のところへ伺った帰りに、三ノ宮(三宮)駅で下車し、キッシュを買って帰ってました。

きっしゅやさんは、ビストロ近藤亭さんの姉妹店でキッシュ専門店です。

お店の中でワインなどと一緒に食べることができるようですが、私は専らテイクアウト専門です。

直径10センチほど(もう少し大きいかな?)のキッシュで、たくさんの種類のキッシュがショーケースの中に並んでいます。

その中でも私が一番好きなのは、定番、「キッシュロレーヌ」

たまねぎとベーコンのシンプルなキッシュがやはり一番おいしいと感じます。

我が家ではグリルで軽く温めて、4つにカットして、いただきます。

キッシュなので、ワインと一緒に食べる・・・のが一番合うと思うのですが、私は下戸なので、紅茶と一緒にいただきます。

お土産で持って買える時間は、たいがい夜遅く・・・。

遅い時間でも食べる、私と主人。

「太っちゃうよな・・・」

と思いつつ、夜食で食べるキッシュの味は、格別です。



<神戸近藤亭きっしゅやのキッシュロレーヌ>

キッシュロレーヌ ¥400(半年前に店舗で購入した際の値段です。)

神戸近藤亭きっしゅや http://shop.quiche-ya.com/?cid=48949

神戸市中央区山本通1-7-5 メゾンブランシュ地階

テイクアウト 11:00~23:00

月曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

デリチュースのケーキたち

デリチュース・・・と聞くと、おいしいチーズケーキのイメージを持ってました。

以前、友人から、デリチュースのチーズケーキをお土産にいただいたとき、

「何だこのチーズケーキ!」

と衝撃!

すごくあっさりしてるのに濃厚。

相反する感覚に、おいしいがプラスされた、今までにない味でした。

チーズケーキの印象が強すぎたため、デリチュースさんはチーズケーキしか販売されていないと勝手に思っておりました。

しかしデリチュースさんの本店には、たくさんの種類のとてもおいしいケーキが販売されていると職場の仲間から聞き、サイクリングがてら主人と一緒にお店へ行ってみることに。

自転車漕ぐこと40分。

お店についたら、お客様で満員。

並んでショーケースをのぞいてみると、それはそれは、とてもきれいでおいしそうなケーキたちが!

お値段も300円台後半から400円台後半くらいと、とてもリーズナブルで、初めて行ったときは、5個も購入したのを覚えています。

「今日1日で食べるのに5個はちょっと買いすぎちゃったかな・・・」

と少し反省したのですが・・・・どのケーキもあまりにもおいしすぎて、二人でぺろっと全部食べてしまいました。

Photo_2

その日から、二人ともすっかりデリチュース中毒にかかり、月1のペースでデリチュース通いをはじめてしまいました。

どのケーキも本当においしいのですが、個人的にはイチゴのショートケーキが大好きです。

あっさりとした甘さで、軽い口当たりが印象的なおいしさです。

カスタードクリームの入ったタルトもおすすめです。


<デリチュースのケーキたち>

ショートケーキ ¥370  他

パスティチュリア・デリチュース 箕面本店  http://www.delicius.jp/

大阪府箕面市小野原西6-14-22

第1・3月曜および火曜 定休

10:00~20:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

松竹堂のフルーツ餅

結婚して、北摂方面へ引っ越してきて3年がたちました。

引っ越してきた当初は、北摂方面のパン・スイーツのお店の多さに心おどり、1軒ずつ楽しみながら商品を買いに行ったものです。

そのうちのひとつ

松竹堂のフルーツ餅

2

姉は昔から、松竹堂のフルーツ餅がおいしいことを知っていたので、私が北摂に引越しするとわかるやいなや、

「近くに住むのだから、ぜひ買ってきてほしい」

とリクエストされました。

フルーツ餅は、その名の通り、季節のフルーツをかたどった大福で、中身は「あんこ」ではなく、白餡につつまれたフルーツ。

Photo

形はもちろんかわいいのですが、食べてみると、フルーツのみずみずしい感じがとてもおいしいです。

写真はありませんが、夏になると、「桃」や「マンゴー」のフルーツ餅も販売されます。

個人的には、「桃」と「パイナップル」が一番好きでした。

とても人気がある商品なので、午前中に買いに行かないと、売り切れになっていることもしばしば・・・。

行列も覚悟の上で・・・。

<松竹堂のフルーツ餅>

1つ ¥200~¥300(種類によって値段が変わります)

松竹堂 http://r.tabelog.com/osaka/A2706/A270602/27003885/

大阪府吹田市山田東2-36-2

10:00~19:00 水曜定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

ファラフェルガーデンのファラフェル

以前、主人と下鴨神社へ行った時のこと。

京阪:出町柳駅付近を少し歩いていたら

「イスラエルカフェ」

の看板が。

「イスラエルカフェ?」

聞きなれない名前なので、どんな食べ物があるか検討がつかず、表のメニュー看板をのぞいてみることに。

「ファラフェル?」

ひよこ豆をすりつぶしてパセリやスパイスと混ぜて団子にし、素揚げしたものがファラフェルボールというらしく、これを生野菜と一緒にピタパンに挟み、ゴマペーストのソースとトマトチリソースをかけたものを「ファラフェル」というらしい。

主人はどこかでこの話を聞いたことがあるらしく、ヘルシーでニューヨークで大人気だとのこと。

「ひよこ豆・・・」

豆が苦手(→豆が苦手なので、あんこも苦手なのです)な私には、若干の抵抗が・・・。

しかしものは試し。

一度食べてから、苦手かどうかを判断してみようと思い、購入することにしました。

ファラフェル(写真右)とババガヌッシュ(なすとゴマペーストのピタサンド:写真左)

Falafel

ファラフェルボールは、豆をすりつぶしているため、まるでコロッケのような感触。

豆が苦手な方でも、コロッケがお好きな方だとおいしくいただけるのではないかと思います。

実際、豆が苦手な私でも、このファラフェルボールはおいしくいただけました。

ババガヌッシュは、ナスがすごくおいしくて、ゴマの香りがファラフェルより強いので、ゴマがお好きな方はオススメです。

どちらも、ヘルシーであっさりとしたおいしさですが、食べた後はしっかりとした満腹感が得られました。

大満足♪


<ファラフェルガーデンのファラフェル>

ファラフェル(Sサイズ\380 Mサイズ\680 Lサイズ\1,150)  ババガヌッシュ(Mサイズのみ\750)

ファラフェルガーデン http://www.falafelgarden.com/index.html

京都府京都市左京区田中下柳町3-16

11:00~21:30 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

半兵衛麩の麩まん抹茶

昔、テレビでみた

半兵衛麩の麩まん抹茶

Photo

実は、私は甘いものは好きですが、ちいさなころからあんこがどうも苦手。

しかし、テレビのコメンテーターは、試食の際

「私、あんこが苦手だけど、これはおいしく食べられます」

と話していました。

あんこは苦手だけど、抹茶は大好きなので、ぜひ食べたくなりました。

半兵衛麩さんに問い合わせたところ、オンラインショッピングだけでなく、京都の大丸百貨店でも販売しているとのこと。

早速、京都の大丸百貨店に行き、購入。

ちなみにお豆腐の売り場で販売されてました。

実家に戻って、私と同じ抹茶好きの母といっしょに食べてみました。

抹茶の香りがとてもよく、あんこ?と思わせる餡。

口に入れると抹茶の香りがとてもさわやかに感じました。

あんこが苦手な方でもたいへんおいしくいただけます。

生麩独特のあのもちもち感も最高で、あっという間に2つ3つと食べてしまいます。

そしてあっという間になくなってしまうのでご注意です。

Photo_2

<半兵衛麩  麩まん抹茶>

5個入り ¥1,050

半兵衛麩 http://www.hanbey.co.jp/shopping/syosai/1500604.html

京都市東山区問屋通五条下ル上人町433

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

烹菓のプレーンクッキー

京都の丸太町方面に行ったときに必ず立ち寄る「烹菓」さん。

クッキーの専門店で、小さなお店の店中はいつもたくさんの種類のクッキーが並んでいます。

その中でもとりわけ好きなのが、

プレーンクッキー

Photo

よつばバターを使用されているクッキーだそうで、口の中に入れると、ほわっとバターのいい香りがします。

ひよこの形がとてもかわいいので、ちびっこがいる友人などの手土産にします。

やさしい甘さで、いつもあっという間になくなってしまうお菓子です。



<烹菓  プレーンクッキー>

9個入り ¥367

烹菓 http://www.pouka.co.jp/

京都市上京区荒神口通り河原町東入る宮垣町96-2

10:00~18:00  月曜定休





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

中村藤吉本店の濃い目のほうじ茶チョコレート

先週の土曜日、用事の帰りに京都の伊勢丹へ。

地下食料品売り場を歩いていたら、お茶の中村藤吉本店さんが出店しているのを発見しました。

そこでみつけた

「濃い目のほうじ茶チョコレート」と「濃い目の抹茶チョコレート」

Photo_2

以前、宇治へ遊びに行ったとき、中村藤吉本店さんでお茶をし、おみやげに「ほうじ茶の生チョコ」を購入したことがありました。

本当にほうじ茶の香りがする生チョコレートでとてもおいしかった記憶があります。

今度は「濃い目」のお茶のチョコレート。

どうしても試したくなって2種類とも購入。

さすが「濃い目」のチョコレート。

ほうじ茶も抹茶も、とても香りがよく、少しビターな大人のチョコレートでした。

少しずつ大切に食べていたいチョコレートです。

<濃い目のほうじ茶チョコレート・濃い目の抹茶チョコレート>

両方とも6個入り ¥500

中村藤吉本店 http://www.tokichi.jp/

京都府宇治市宇治壱番10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2011年2月 »