« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

グリーンスタイルマーケットの近江しょうがのジンジャーシロップ 超辛口

以前、六本木一丁目のマルシェで見つけた

近江しょうがのジンジャーシロップ 超辛口

Photo_3

ジンジャーシロップなんて何に使うんだろう・・・・と思っていたら、ジンジャーシロップを使ったジンジャーミルクティの試飲をすすめてもらいました。

飲んでみたら・・・ちょっと軽めのチャイみたいな感じ。

1本¥840 ちょっと悩みましたが、真冬の寒い中、このジンジャーミルクティを飲んだら、少しだけ体が温かくなってきたように思えたので、試しに購入。

買ってみたものの、あまり使わないかもな・・・・と思っていたのですが・・・・

これがなかなか、使い始めたら、かなりの頻度でジンジャーミルクティを飲むことに。

「超辛口」のため、甘ったるくならず、さっぱりとしたミルクティになります。

このジンジャーシロップを購入した後、寒い日が続いたので、家に帰ってから、このジンジャーミルクティを飲むとほかほか体があたたまる~。

少し体調が悪いときにも、このジンジャーミルクティを飲んで、体を温めると、早く回復しました。

このジンジャーシロップは「超辛口」なので、お料理にも使えるそうです。

ポークジンジャーなどがおすすめだそうです。



<グリーンスタイルマーケットの近江しょうがのジンジャーシロップ 超辛口>

200ml ¥840

グリーンスタイルマーケット  http://www.greenstyle-market.jp/fs/gsmarket/gr24/gd146

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

城陽酒造の青谷の梅

私はお酒を飲むと調子が悪くなるのであまり飲めませんが、お酒の香りや味は好きなので、家では少しずつ、お酒を飲む練習をしてました。

その練習のお酒が

青谷の梅

Photo

七年熟成の絶品梅酒!

甘すぎず、さっぱりした梅酒です。

お酒に弱いのですが、この梅酒は「ロック」で飲みます。

すぐに酔いがまわってしまうのですが、お水やソーダで割るより、だんぜん「ロック」の方がおいしいと思います。

昔、勤め先の先輩と一緒に飲みに行ったときに、その先輩から「青谷の梅」を教えていただきました。

少し味見をさせていただき、

「もう少し飲んでみたい!」

と思い、購入。

その時から、梅酒→青谷の梅 になりました。

飲める練習にはおいしいお酒で!というわけで、今のところ「青谷の梅」は常備しています。




<城陽酒造の青谷の梅>

青谷の梅 720ml ¥1,050

地酒のヤスイ http://www.sake-y.com/ume/5555.html

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

清水屋のぬかづけ

小さい頃、おつけものが大嫌いでした。

ですが、なぜか「白菜」「きゅうり」「なす」「瓜」の「ぬかづけ」だけは大好きだったと母から聞きました。

私が小さい頃は、まだ、「○○センター」などと称した「市場」がにぎわっていて、その「市場」の中にお漬物屋さんがありました。

そのお漬物屋さんで、母は毎回ぬかづけを購入していました。

お店に並ぶ、ぬか床。

独特のにおいがすごく苦手で、母がぬかづけを購入するときは、お漬物屋さんから離れたところで、母を待っていました。

今ではぬかづけの匂いも平気になり、「ぬかづけ」ならどんな「ぬかづけ」でも大好きになりました

ですが、お漬物屋さんやお家のぬか床で漬けられている「ぬかづけ」だけ大好きです。

スーパーなどで販売している「ぬかづけ」はどうも・・・・苦手です。

一時期、ぬかづけがどうしても食べたくなって、自分でぬかづけを作っていたのですが、2度ぬか床を痛めてしまい、それ以来自分で漬けていません。

(その頃から仕事等が忙しくなってきたのもあって・・・)

昔ながらのお漬物屋さんが少なくなってきた昨今、とても悲しい気持ちになっていたのですが、東京・吉祥寺のハーモニカ横丁に、昭和20年から続いている清水屋さんというお漬物屋さんがあると聞きました。

「おお~」

ちょうど、東京に行ったときに、主人と吉祥寺に行こう!と予定をたてていたので、清水屋さんに行くことに!

小さなお店に、ところ狭しとぬか床が並んでいました。

ぬか床を見て、なつかしくなりました。

そしてテンションもあがりました。

そして購入した

Photo_2

きゅうり、なす、白菜。

小さい頃から大好きなお漬物。

一口食べると、本当になつかしい感じがしました。

「これよ!これこれ!これがぬかづけ!」

テンションがあがる私を見て、ぬかづけの匂いが苦手な主人も一口食べました。

「ここのぬかづけ、くさくないよね!」

しっかりぬかづけの匂いはしているのですが、主人は清水屋さんのぬかづけの匂いは全然気にならないようで、二人で箸がすすむ、すすむ。

あ~こんなお漬物屋さん、近所にあったらいいのに・・・・





<清水屋のぬかづけ>

きゅうり 1本 ¥150

なす 1個 ¥150

白菜 1房(たぶん1/6~1/8切くらいかと。。。) ¥150

清水屋  http://tsukemono-shimizuya.com/index.html

11:30~19:30 (水曜日定休) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

Wa・Bi・Saの香ほろん

バレンタインデー前、東京の日本橋三越で、父と義兄のバレンタインチョコレートを物色していた時のこと。

二人のチョコレートも無事購入し、少し食料品売場をうろうろしていたら、少し和風なクッキーを発見。

一袋3個入りという、小さなパックのクッキーで、和三盆や抹茶といった和のテイストのクッキ-が6種類並んでました。

かわいくて思わず2種類購入。

Photo

あっさりとした風味で口の中でほろっとほどけるような食感でした。

ちょっとだけ甘いものがほしいなあ・・・と思ったときに、ちょうど食べきれる分量のクッキーなので、それもちょっとうれしい。

でも、おいしいので

「もうちょっとほしい・・・」

と思い2袋目をあけて、食べてしまいました。


<Wa・Bi・Saの香ほろん>

香ほろん 1袋3個入り ¥262

Wa・Bi・Sa http://www.yokumoku.co.jp/wabisa/kahoron.html

東京日本橋三越に店舗があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

旭食品の旭ポンズ

大阪出身の人なら誰もが知る…と言われるくらい有名な旭ポンズ。

実家で暮らしている時から愛用しています。

旭ポンズはきりっとした強い酸味とうまみと香りで、一度食べたら、すっかりやみつきになりました。

主人が結婚するまで、旭ポンズの存在を知らず、一度食べたら、すっかりはまってしまった様子。

私はもともとポンズ好きで、餃子にも焼き魚にも何でもポンズをかけるので、ポンズはあまり好きではなかった主人が、

「なぜ、そこまでポンズ?」

と謎に思っていたようですが、旭ポンズを食べてから、主人も旭ポンズのヘビーユーザーになりました。

今では、我が家にはなくてはならない旭ポンズです。

Photo


<旭食品の旭ポンズ>

旭ポンズ  だいたい¥630くらい 

(販売店・スーパーによって金額が違います・・・。だいたい¥598~¥698くらいの金額です。ちなみに私はいつも¥598で買います。)

株式会社旭食品  http://www.asahi-syokuhin.co.jp/shohin/

関西圏のスーパーや酒屋さんで販売しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

一保堂のいり番茶

実家では一保堂のほうじ茶を好んで飲んでおりました。

一保堂とくれば「ほうじ茶」。

京都本店でお茶を頂くときは、贅沢に「玉露」。

そんなイメージがついていたので、職場の仲間から「いり番茶(京番茶)」を教えてもらったときは、

「そんなのあるんだ!」

と思いました。

いり番茶を少しおすそ分けしてもらったのですが、最初はその独特な燻した香りに驚き。

「なんだなんだ、これがお茶?」

おそるおそる飲んでみたら・・・・・あ、いける!

最初は驚いていたこの燻した風味も、このいり番茶にはまる一要素になってきました。

このいり番茶にかりんとうが最高。

カフェインやタンニンが少ないので、たくさん飲んでも大丈夫なので、安心して飲めます。

ほうじ茶に続き、いり番茶も我が家でのレギュラーメンバーのお茶になりそうです。

Photo



<一保堂のいり番茶>

150g入り ¥420

一保堂茶舗  http://www.ippodo-tea.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

いづ重の鯖姿寿司

友人から

「京都でおいしいところはない?」

と聞かれると、真っ先に

「八坂神社の近くの鯖寿司のお店」

と答えます。

京都には、他にもおいしいお店はたくさんあるのですが、いつも一番先に思いつくのは、いづ重の鯖寿司。

Photo_3

左手前は鱧の押し寿司、右手前が鯖姿寿司を切ったもの。

身が厚く濃厚な味の鯖に、しっかりと巻かれた昆布がうまみをしみ込ませて・・・

この鯖寿司の鯖の濃厚さが酢飯とよく合って、おいしくいただけます。

持ち帰りもできるのですが、1本¥4,000なので、いつも手が出ず、お店でいただいて帰ってます。

ハーフサイズが¥2,700(だったと思います)なので、年末に主人の実家へ行くときに手土産にしました。

お正月におせちと一緒に一切れつまむ・・・

それと日本酒がとても合うようです。



<いづ重の鯖姿寿司>

1本 ¥4,000(ハーフサイズあり)

いづ重  http://r.tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26002550/

京都府京都市東山区祇園町北側292-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

まつやのとり野菜みそ

何年か前、小学校時代からの友人が

「とりみそ知ってる?」

と聞いてきたことがありました。

とりみそ?

とりの味噌漬けかな?
それとも鶏ミンチが入ったお味噌でごはんの友?

「知らないなあ。それ何?」

と問うと

「すっごいおいしいねん!」

と力説してくれたことがあります。

何がすごくおいしいんだろう?

答えは「とりと野菜の味噌鍋」です。

友人は石川県で偶然、「とりみそ」を食べたそうで、おいしくて大阪にも「とりみそ」が販売されてないか探していたところ、冬場だけイオンで販売していることを知ったそう。

「一度食べてみて!」

という彼女の強い言葉を信じて、購入。

まつやのとり野菜みそ(→彼女からこれが「とりみそ」と教えてもらったので、私も「とりみそ」と言ってます)

Photo_2

イラストになごんでしまう。

友人曰く

「白菜と鶏肉だけで充分おいしい」

とのこと。

話を聞いた当時は、独身で実家にいたため、母にこの「とりみそ」を渡し、その晩の夕食にしてもらいました。

食べてみて、確かにおいしい。

素朴においしい。

単純に味噌鍋なんだけど、ついつい箸がすすむ。

特に白菜をおいしく食べることができました。

鍋と言えば、野菜をたくさん食べることができる!のですが、通常のお鍋より、白菜などの野菜が、味噌と合って、よりいっそう食べてしまう。

そしてこの「とりみそ」は、母のハートをわしづかみにしたようで

「お母さん、まつやに電話して、注文するわ!」

と宣言。

翌日には電話注文し、1週間後には、とりみそ12個入りの箱が到着してました。

その冬から、実家では、まつやのとり野菜みそが常備されてます。


<まつやのとり野菜みそ>

1袋 ¥200~¥300くらいの間で各スーパーにて販売されています

(現在私が知っているのは、イオン・阪急オアシスなどです)

1箱(12袋入り) ¥2,772

株式会社まつや  http://www.toriyasaimiso.jp/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

ザ・ダージリンのキャッスルトン茶園のダージリン

ダージリンって紅茶のシャンパンと言われてますが、今まで、好んで飲むことはありませんでした。

紅茶自体は大好きなのですが、ダージリンティーを自分で入れるとなると、いつもうまくいかず、渋味がでたり、逆に色がものすごく薄くなったり…。

紅茶を飲むなら、甘い香りのものや、さわやかなフレーバーティーを好んで飲んでいました。

そんな中、東京での買い物帰りにふらっと立ち寄った麻布十番のザ・ダージリン。

ここはダージリンの種類が多い紅茶のお店でした。

せっかくなので、久々にダージリンをいただこう。

とキャッスルトンという六大茶園のひとつであるお茶を注文しました。

ティーポットからカップへお茶を注ぐと、とてもいい香りが。

飲んでみたら、すごくおいしい!

ほんのり甘い香りが口の中に残るのが印象的でした。

思わず、購入して帰りました。

Photo

家でハンドブックの通りにお茶を入れてみたら、サロンで飲んだのと同じくらいおいしくいただけました。

それから、すっかりこのダージリンにはまっています。

50gで¥1,000

この香りと味わいでなら、安い方だと個人的には思います。

1煎目ほどではないですが、2煎目もおいしくいただけるので、けっこうたっぷりいただけます。

夜のくつろぎタイムにダージリン。そしてお茶菓子。

太るかも・・・という心配を除けば、最高の贅沢です。



<ザ・ダージリンのキャッスルトン茶園のダージリン>

50g ¥1,000 (缶は別途¥200)

ザ・ダージリン 麻布十番店  http://www.the-darjeeling.com/

東京都港区麻布十番2-1-8 グランドメゾン麻布十番館1F

営業時間 8:00~23:00(LO22:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

おとうふ工房いしかわのきらずや本舗 きらず揚げ しお 

昨日、久々にきらず揚げを食べたくなって、スーパーで買ってしまいました。

数年前、実家の母が

「これおいしい!」

と差し出した、きらず揚げ。

Photo

おからの揚げ菓子?

失礼ながら、正直言っておいしそうに思えなかった、きらず揚げ。

母に勧められるがままに、ひとつ食べてみると

素朴においしい。

そしてとまらない。

ほんのり甘く、そしてほんのりと塩気。

そして、かりかり噛んで食べる、固い歯ごたえ。

母と二人で止まることなく食べ続けました。

そんな、止まることなく食べ続けた、きらず揚げを職場のおやつとして持って行き、濃い目のほうじ茶と一緒に食べると・・・・仕事中にもかかわらず止まらない。

その後、いり番茶と一緒に食べると・・・・これまた止まらない。

ほうじ茶やいり番茶との相性が最高に良く、食べるスピードがアップしました。

勤務中にもかかわらず、1袋完食。

勤務時間中のきらず揚げは危険だ・・・。次は気をつけよう

<おとうふ工房いしかわの きらずや本舗 きらず揚げ しお>

きらず揚げ しお ¥298(阪急オアシス 千里中央店 価格)

おとうふ工房いしかわ  http://www.otoufu.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

安心おやつ はらドーナッツのはらドーナッツ

日曜日に吉祥寺に行ったとき、はらドーナッツ吉祥寺店の前に長い列に並んでいる人を見ました。

「はらドーナッツっておいしいのかなあ?」

と思っていたら、主人が

「はらドーナッツって神戸にある、はらドーナッツやんなあ?」

と。

神戸のお店が、東京で人気なんだ!

それまで、はらドーナッツは知らなかったので、ちょっと食べてみたくなりました。

しかし、吉祥寺店はすごい長い列。

大阪に帰ってから、神戸のお店に行こうと思っていたら、はらドーナッツ横浜元町店がちょうどすいていたので、横浜元町店で購入しました。

Photo

定番のはらドーナッツとチョコ

おからと豆乳のドーナッツ。パッケージがかわいい。

味は素朴で甘すぎない。

小腹がすいた時にぴったりなおやつです。

やさしい甘さなので、2つくらい軽く食べてしまいました。

甘いドーナッツも捨てがたいけど、普段のおやつにはヘルシーなドーナツの方が体が喜ぶような気がします。


<はらドーナッツのはらドーナッツ>

はらドーナッツ ¥120 http://haradonuts.jp/

兵庫県神戸市兵庫区荒田町2丁目20-109号

営業時間:10時~19時頃(ドーナッツが売り切れ次第終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

カルピスのカルピス特選バター

昔、働いていた事務所の顧問先様から、お中元でカルピスバターをいただいたことがありました。

カルピスバター?

カルピスと聞くと、あの乳酸菌飲料しか思いつかない。

カルピスからバター?

イマイチ検討がつかなかったのですが、とりあえずは食べたらわかるだろうと思い食べました。

めちゃめちゃおいしい。

バターが濃い!コクのあるバターです。

もともとバターは好きなので、カルピスバターのおいしさには感動でした。

いただいたカルピスバターを、すべてたいらげた後は、カルピスバターを販売しているところを探しました。

探して見つけたカルピスバター!

え…¥1,300…ちょい・・・

こんなに高価だったんだ…

カルピスバターは、やすやすと買えないなあと、少ししょんぼりしてたら、ある食料品店で、よいものを発見しました。

カルピスバター業務用(有塩)

Photo_3

なんと900円代!

うれしくて業務用を購入しました。

どのみちバターのケースに入れるので、業務用でも全然大丈夫!

その日から、カルピスバター業務用の愛用者となりました。



〈カルピスバター業務用〉

カルピスバター業務用 ¥960 (イオン大日専門店街カルディ価格)

カルピス株式会社  http://www.calpis.co.jp/butter/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

ミートショップサトウのメンチカツ

週末の3連休。

13日の日曜日だけが唯一の晴れの日。

せっかくの晴れの日に、東京に来ているということで、井の頭公園に行くことにしました。

井の頭公園に行く前に、吉祥寺の町もぶらぶら散歩することにしました。

吉祥寺の商店街を歩いていると、突如、角のお肉屋さんに長い行列が。

ガイドブックに載っていた

ミートショップサトウのメンチカツ

Photo

まんまるのメンチカツ。

お肉屋さんで揚げているメンチカツ。

まんまるで大きなメンチカツのため、揚げてから余熱で真ん中まで火を通すため、買ってから、5分待たないと食べられない。

お昼前に長い列に並んで待っていたため、5分待って・・・というのは、はらぺこにはつらい状況でしたが、しっかり待って、かぶりつきました。

中から肉汁がじゅわっとでてきて、肉感たっぷり。

たまねぎもたくさん入っているので、甘みもしっかり。

これひとつで充分おなかいっぱいになるくらいのボリュームでした。

このメンチカツは買い食いで、おやつ感覚で食べるのもいいけれど、揚げたてを白いご飯と一緒に食べたら、リッチな気分になるおかずだと思います。

コロッケも一緒に購入しましたが、コロッケもとてもおいしかったです。

夕方ごろには売り切れるので、早めの購入がよさそうです。


<ミートショップサトウのメンチカツ>

1個¥180(5個以上だと1個 ¥140)

ミートショップサトウ http://r.tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005807/

9:00~20:00  無休

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

浪漫館横浜のひれかつサンド

記事作成中

16日にアップいたします。しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

ツッカベッカライカヤヌマのアプフェル シュトゥルーデル(りんごのパイ)

申し訳ありませんが、しばらくおまちください。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

西洋菓子しろたえのレアチーズケーキ

赤坂見附に30年以上続く、老舗の洋菓子専門店がある・・・とケーキガイドで知りました。

西洋菓子しろたえ さん。

小さなかわいいお店です。

ガイドブックではレアチーズケーキが有名と書かれていたので、買いに行ってみる事にしました。

土曜日にお店に行ったのですが、お店の中はお客様でいっぱい!

ショーケースの中のケーキはとてもかわいく、そして、どれも安い!

特にレアチーズケーキは、なんと¥250

安い!

Photo

レアチーズケーキとシュークリーム(¥170)を購入しました。

レアチーズケーキは写真の通り、小さめです・・・。

が、しっかり満足できるくらい、濃厚なレアチーズで土台のサブレもさくさくしてて、とてもおいしかったです。

¥250で大満足!

東京にこんなにお得なケーキ屋さんがあるなんて、ちょっとうれしいです。


<西洋菓子しろたえのレアチーズケーキ>

レアチーズケーキ ¥250

西洋菓子しろたえ http://r.tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13002850/

東京都港区赤坂4-1-4

10:30~20:30

定休日:日曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

辻利兵衛本店のおこいこい大福

昨日、心斎橋に用事があったので、ちょっと心斎橋大丸によってみることにしました。

地下の洋菓子売り場はバレンタイン一色で、とても華やか。

その中で、催事で出ていた辻利兵衛本店さんで、変わった大福を見つけました。

おこいこい大福

Photo_5

名前の由来は「恋よ来い!」

恋を呼びよせる願いをこめて・・・ということだそうです。

バレンタインらしくていいなあ。

その、おこいこい大福は「ショコラ苺抹茶大福」で

Photo_6

切ってみるとこんな感じ。

外側が抹茶をかけていて、やわらかい羽二重餅の中はショコラと、苺を練りこんだクリームという、贅沢な大福。

抹茶+チョコレート の商品はたくさんみたことがあるのですが、さらに苺がプラスされているのはあまりお見かけしないように思います。

苺が贅沢感をだしますね。

3個で¥750なので、お買い得感もあります。

3つ入りだったので、主人とわけて食べましたが、あっという間になくなりました。

バレンタイン限定商品のようだったので、次回食べるとするなら、来年の2月か・・・。


<辻利兵衛本店のおこいこい大福>

3個入り ¥750

辻利兵衛本店  http://www.rakuten.ne.jp/gold/tsujirihei/

京都府宇治市宇治若森41

9:00~17:00

土日定休

※梅田阪急(BIG MAN近く)にも支店ができたそうです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

アヲハタのいちじくジャム

私は小さい頃、ひどい偏食で、好き嫌いがとても多い子供でした。

今では考えられないのですが、甘いものが苦手で、果物でも酸味がないものはすべて苦手でした。

スイカ、柿、いちじく・・・

未だにスイカは苦手ですが、柿といちじくは好きになりました。

結婚してからは、特にいちじくが大好きになりました。

しかし、いちじくは夏の一時期しか食べられません・・・・が、ジャムなら1年中食べられます!

そこで、スーパーでみつけた

アヲハタのイチジクジャム!

Photo_3

もともとアヲハタジャムは甘さが少ないので好んで食べておりました。

そのアヲハタジャムの中でも、イチジクジャムはかなりお気に入りです。

やさしい甘さというか、パンにたっぷり塗っても、しつこさがないというか。

私は阪急オアシスで¥198で購入したのですが、¥200未満でこの味は、とてもお買い得なような気がします。

この間は、このイチジクジャムを一人で1週間で食べきってしまいました。

トーストに、このいちじくジャムと甘さを抑えたホイップクリームなんかをのせて食べると、かなりおいしくいただけるような気がします。

<アヲハタのイチジクジャム>

イチジクジャム ¥198(阪急オアシス桃山台店価格)

アヲハタ  http://www.aohata.co.jp/mc003_product/55/fig.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

ツッカベッカライカヤヌマのテーベッカライ

ツッカベッカライカヤヌマ?

最初に名前を聞いた時はどこの国のお菓子なんだろうと思ってました。

主人の親友の奥様より教えていただいた、東京にある、オーストリア菓子のお店。

オーストリア→ウィーン→ザッハトルテ

それくらいしかオーストリアのお菓子を思い浮かばないのですが、おいしそうなイメージが強いです。

そのツッカベッカライカヤヌマさんのお菓子は、おいしいと評判ですが、結構高価だとお聞きしました。

一番小さなクッキーの詰め合わせ缶が¥3,150とのこと。

¥3,150!

いったいどんなお菓子なんだろう、どんな味がするんだろう

お店は東京の溜池山王(赤坂)にあるとのこと。

主人の住まいから、そんなに遠くはないので、とりあえずお店だけでも見てみよう!と思い、お店の方に伺いました。

お店は大通りの裏手の通りにありました。

お店は見るからに立派で、

「ここに小市民の私なんかが入っちゃあ、まずいんじゃないか?」

と思うくらいでした。

でも、せっかく来たんだし、お店に入るだけでも…と思い、重たい扉をあけると、そこには綺麗なお菓子がたくさんありました。

「おおお」

心がかなりときめき、お店の中を何周もしながらじっくりお菓子を見ていきました。

生クリームやフルーツでデコレーションしているわけではないのですが、本当にひとつひとつが綺麗で素敵で、見ていて本当に楽しい。

そして、気になっていたクッキー(テーベッカライ)を見てみました。

おいしそう。

食べてみたい…けど¥3,150…

悩んで出た答えが

「何事も経験。1回贅沢ランチをしたと思って、買ってみよう」

Photo

テーベッカライ

パッケージもきれい♪

大阪に戻ってから、そーっと開けてみました。

Photo_2

両端がバニラのクッキー、ココア色がチョコレートのクッキー、真ん中がシナモンのクッキーです。

食べてみたら、確かにおいしい。

クッキーを包んでいるパラフィン紙にバターの油分がつくくらい、バターがたくさん含まれており、食べるとバターのいい香りが口の中に広がりました。

でも、このクッキーは単においしいだけではありませんでした。

1日目は普通に3種類を1つずつ食べ、次の日は3種類を2つずつ食べ、その次の日は3種類を3つずつ食べ・・・

毎日確実に食べる量が増えてる・・・

そして、日ごとにおいしく感じ、毎日食べたい!と思ってきたのです。

これは、¥3,150の値打ちかもしれない。

この調子じゃ、次は大きな缶のクッキーを買ってしまうような気がします。

ちなみに、私はこの中ではバニラのクッキーが一番好きでした。




<ツッカベッカライカヤヌマのテーベッカライ>

テーベッカライ A缶 ¥3,150

ツッカベッカライカヤヌマ  http://zuckerb-kuk.com/kayanuma/index.html

東京都港区赤坂1−4−5

月〜土 11:00〜18:00(金曜日は18:30まで)

定休日 日・祝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

RF1(アールエフワン)の三陸産のカキフライ

この季節になると、カキフライが食べたくなります。

実は、昔はカキフライがあまり好きではなかったのですが、

RF1のカキフライを食べてから、カキフライが大好きになりました。

Photo_2

昔、姉も私も実家で暮らしていた頃、姉がお土産にカキフライを買ってきてくれたことがありました。

「RF1のカキフライ、めちゃめちゃおいしいで!」

その頃は、カキフライに特段魅力を感じることもなかったので

「ふーん」

と思っていたのですが、姉の勧めるまま、一口。

「おいしい!」

「やろー!」

二人で夢中で食べました。

後から知ったのですが、このカキフライなんと100g¥609。

姉が買ってきてくれたときは、値段がもう少し安かったように思えますが、そのときでも、テイクアウトのカキフライにしては、なかなかのお値段。

小市民なので、今でも買うのに若干の勇気がいりますが・・・

それでもこの季節、RF1のカキフライは食べたい!と思ってしまいます。



<RF1(アールエフワン)の三陸産のカキフライ>

三陸産のカキフライ 100g ¥609

RF1  阪神百貨店・阪急百貨店・大丸百貨店などの食料品売場にて販売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

御祖酒造(みおやしゅぞう)の遊穂

私はお酒を飲むと、すぐに体調を崩してしまうので、あまり飲むことができません。

ですが、お酒は「おいしい」と感じます。

たくさん飲めないのがくやしいのですが・・・。

昔、京都でふらっと入ったおしゃれな居酒屋さんで、たくさんの種類の日本酒(地酒)がメニューにありました。

初めて見る銘柄も多く、お店のご主人に、オススメをうかがいました。

とても親切なご主人で、丁寧にひとつひとつの銘柄を説明してくださいました。

そのご主人が一押しだったのが

御祖酒造(みおやしゅぞう)の遊穂。

石川県のお酒です。

Photo

口にふくんだ時、ふわっと香る甘い香りが、飲んだ後もずっと続く、驚きの日本酒でした。

私は少ししか飲めないので、口の中に残る香りをいつまでも楽しんでいました。

主人は、この日本酒に惚れ込み

「遊穂を買おう!」

と帰り道はご機嫌でした。

しかし、この遊穂、いろいろな酒屋さんを回っても、全然販売されてません。

インターネットで探してみて、驚きました。

関西圏で、遊穂が手に入るお店は数軒・・・・。

その中で京都にあるヤスイさんというお店で取り寄せすることに。

ヤスイさんで、遊穂の問い合わせをしたところ、とても丁寧に対応していただきました。

オススメの酒屋さんです。

遊穂は、和食のみならずどんな料理にも相性がよく、ゆっくり楽しめるお酒です。



<御祖酒造(みおやしゅぞう)の遊穂>

遊穂 純米吟醸 無濾過生 1800ml ¥2,900(ヤスイさん価格)

御祖酒造(みおやしゅぞう) http://www.notostyle.jp/spot/cms0051_0003.php

地酒のヤスイ http://www.sake-y.com/sake_local/hokuriku/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

サンクゼールのくるみバター

食パンを食べるとき、

「今日はバターにしようかな?ジャムにしようかな?」

と選ぶ瞬間が一番楽しいときです。

最近お気に入りのスプレッドは

サンクゼールのくるみバター

Photo_2

以前、どうしてもピーナッツバターを塗った甘いトーストが食べたくなって、おいしいピーナッツバターがないか探していたところ、くるみバターをみつけました。

このくるみバターは、ピーナッツバターよりもあっさりした甘みです。

トーストにくるみバターを少し厚めに塗って食べると、おやつ感覚のパンになります。

このくるみバターを食べ始めた頃、すっかりはまってしまい、食パンがないときは、スプーンで1さじすくって食べていました。

しつこい甘さではないので、そのまま食べても、おいしく食べられるスプレッドです。

ただ気をつけないと、ついつい食べ過ぎてしまいます。。。


<サンクゼールのくるみバター>

くるみバター 180g ¥580

サンクゼール  http://www.stcousair.co.jp/

サンクゼール なんばパークス店 にて購入。

その他、成城石井などでも販売中


  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

ヒロコーヒーのバリ神山

北摂ではおいしいコーヒーのお店として有名なヒロコーヒー

コーヒー好きでない人でも、たいがい知ってらっしゃいます。

私も、北摂に引っ越してきてからはヒロコーヒーのファンの一人です。

ヒロコーヒーでコーヒーをいただくときは、たいがい「日替わりコーヒー」にし、飲んだことのないコーヒーを試してみることにしています。

そんな中でこの間飲んだ「日替わりコーヒー」がすごくおいしく、帰りに購入して帰りました。

その日の日替わりコーヒーは

「バリ神山(しんざん)」

Photo_2

バリ風のお面のイラストに笑ってしまいました。

バリ神山はコクがあり濃い目のコーヒーで、あとからグッと強い甘みがきます。

酸味がほとんでないので、酸味が苦手な人には、オススメです。


<ヒロコーヒーのバリ神山>

バリ神山 100gあたり¥420

ヒロコーヒー本店  http://www.hirocoffee.co.jp/

大阪府吹田市広芝町9-19

平日7:30~22:30(ラストオーダー22:00)

日祝9:00~22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

石見食品工業のヘルメスとんかつソース

我が家では地ソース集めに凝っています。

以前、日経プラス1での何でもランキングの地ソース部門で1位になった「ひし梅ソース」、京都の「オジカソース」「ツバメソース」、尼崎の「ワンダフルソース」、和歌山の「三ツ矢ソース」などなど・・・

初めて入るスーパーでは、真っ先にソースのコーナーを確認しに行きます。

ソースなんて、そんなにしょっちゅう使うものではないのですが、主人も私も、ついつい新しいソースの味見がしてみたくて、家にはソースが何種類も並んでいる状態です。

そんな、「地ソース」集めのきっかけになったのが、

石見食品工業さんの「ヘルメスとんかつソース」

Photo

ラベルがかっこいい。

昔、テレビ番組で紹介されていたので、かなり有名なとんかつソースだとは思います。

我が家では、いろいろなソースを試しておりますが、今のところヘルメスとんかつソースが暫定王者です。

私がヘルメスとんかつソースを知るきっかけになったのは、姉が姉の友人からヘルメスとんかつソースを譲ってもらい、私も味見をさせてもらったことでした。

スーパーなどの量販店では販売されておらず、製造元から販売してもらうか、通信販売のみだったので、姉が友人を介して購入しておりました。

ヘルメスとんかつソースを始めて食べたときは、衝撃的でした。

甘くてスパイシーで深い・・・。

ソースってこんない違いがあるのか!と。

このヘルメスとんかつソースで焼きそば(それも具なし)を作ってみました。

家で作るや焼きそばが、こんなにおいしくなるものなのか!とさらに衝撃を受けました。

主人も結婚するまで、ヘルメスとんかつソースの存在をしらなかったので、家で具なしのヘルメスとんかつソース焼きそばを作り、食べてもらいました。

焼きそば好きの主人は、すぐにヘルメスとんかつソースの大ファンになりました。

今では、我が家になくてはならないソースです。



<石見食品工業のヘルメスとんかつソース>

ヘルメスとんかつソース ¥525 

株式会社石見食品工業  http://www.ifpro.co.jp/page022.html

大阪市東住吉住道矢田8-2-21

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

ねんりん家のしっかり芽

この間、東京に行く前に

「東京に行って来る」

と姉に伝えると

「ねんりん家のしょこら芽を買ってきてほしい」

と頼まれました。

姉は昔から、おいしいものが大好きで、いろいろな情報を集めていました。

今回もどこからか情報を仕入れ、

「ねんりん家のしょこら芽がすごくおいしい!と聞いてん。」

と話してくれました。

そんなに評判なら買おうじゃないか!

銀座の三越の1Fにお店があり、そこでしか、姉の望む「しょこら芽」がない!ということなので、銀座へ向かいました。

Photo

左が姉が希望した「しょこら芽」 右がお買い得用の「しっかり芽」

姉がショコラなら妹はプレーンを試そうじゃないか!

ということで、プレーンタイプで自宅用を購入しました。

このしっかり芽は、バームクーヘンのフランスパンと言われ、外はかりっと中はふんわりとしてました。

そして、バターの香りがすごい。

通常のバームクーヘンよりバターの香りが印象的でした。

これはおいしい!

夕飯あとのデザートでいただいたのですが、二人でぺろりと1本食べてしまいました。

これはもう1本買って、大阪の自宅で楽しむべきだったなあ。

次は2本買おう。

<ねんりん家のしっかり芽>

マウントバーム しっかり芽 1本(箱入り)¥735 

マウントバーム しょこら芽 1本(箱入り)¥787

ねんりん家  http://www.nenrinya.jp/index.html

松坂屋銀座店、東京大丸店 他

※なお、お買い得用は¥50程度安くなりますが、箱入りよりも賞味期限は短いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

博多華味鳥の水炊きスープ

以前勤めていた職場のボスから教えてもらった

博多華味鳥の「水炊きスープ」

Photo

博多水炊きの有名なお店 華味鳥 の市販用スープ

スーパー(阪急オアシスやコーヨーなど)で販売されていることは知っていましたが、一袋が1~2人前なので、水炊きに使うには少ないかな・・・と思っておりました。

そのボス曰く、実はこの水炊きスープ、水炊きに使うのではなく、豚しゃぶに使うとのこと。

この水炊きスープは鶏がらダシのスープなのですが、

「鶏がらダシで豚しゃぶ?」

今まで昆布ダシでしか豚しゃぶをしたことがなかったので、イメージがつきませんでした。

早速、試してみることに!

水炊きスープ1袋だけで豚しゃぶするとなると、おダシの量が少ないので、スープと同量の水を加えて沸騰させます。

後は、豚肉をしゃぶしゃぶするだけ。

これがなかなかおいしいんです。

鶏がらダシが、豚肉にほんのり味をつけてくれて、このおダシでしゃぶしゃぶした後、ポン酢をつけて食べると最高でした。(個人的に、ごまだれはちょっとしつこいかも・・・です)

このおダシで野菜類もしゃぶしゃぶしても、鶏がらダシの味でおいしくなります。(しゃぶしゃぶというより、炊く感じかもしれないのですが)

おダシは薄めてますが、しゃぶしゃぶをしているうちに、水分が蒸発し濃いダシに戻っていきます。

ここに豚肉のうまみもプラスされて、さらにおいしいスープになるので、ここにシメのラーメンを飛び込ませます。

この時のラーメンも生麺を、一度別のお鍋で茹でてから、スープの中に投入します。

あとは、塩とあらびき胡椒で味をととのえて・・・・

このシメのラーメンも絶品でした。

ラーメンの食べ方も、もちろん、ボスに伝授してもらいました。

この水炊きスープのしゃぶしゃぶは最後のおダシまでおいしくいただけるので、しっかりとした満足感があるのでおすすめです。


<博多 華味鳥の水炊きスープ>

水炊きスープ 1~2人前 400ml  だいたい¥298くらい

阪急オアシス、コーヨーなどで販売

博多 華味鳥  http://www.hanamidori.net/hanamidori/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

ゑんどうのあなご寿司とあじ棒

昔、勤めていた職場のお得意先様が年に一度、差し入れしてくださっていた

中央卸売市場ゑんどうの「あなご寿司」

Photo

左があなご寿司  右があじ棒

ゑんどう寿司はシャリがあたたかく、ほろっと崩れる「つかみずし」や「あじ棒」が有名なことは知っていたのですが、あなご寿司もあるとは知りませんでした。

このあなご寿司がおいしくて。

年に一度の差し入れが、当時すごくうれしかったのを覚えています。

一人で1本は多いかな~と思っていたのですが、私のみならず、当時一緒に働いていた仲間(女性)も、かる~く1本ぺろり!とたいらげてました。

あなごが少し甘めで、酢飯との相性がいい押し寿司です。

あじ棒も、鯵とシャリの間に大葉が挟まれ、周りをぐるりと海苔で巻いているので、香りがよく、とてもおいしいです。

その職場を退職した後は

「あのお寿司は中央卸売市場に行かないと買えないなあ・・・」

と思っていたのですが、実は京橋にも支店がありました。

そしてお持ち帰りの「あなご寿司」と「あじ棒」は、大丸心斎橋店B1で販売されているので、いつでも手軽に買えることができます。

いつでも食べられることがわかって、ちょっと安心しています。




<ゑんどうのあなご寿司とあじ棒>

あなご寿司 ¥1,260

あじ棒 ¥840

※少し前の値段です。価格変更していたらすみません・・・

中央市場ゑんどう  http://www.endo-sushi.com/index.htm

本店:大阪市福島区野田1-1-86  5:00~14:00 日祝休み

京橋店:大阪市都島区 東野田町2-1-38 京阪モール5階  11:00~22:00  年中無休

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »