« RF1(アールエフワン)の三陸産のカキフライ | トップページ | アヲハタのいちじくジャム »

2011年2月 9日 (水)

ツッカベッカライカヤヌマのテーベッカライ

ツッカベッカライカヤヌマ?

最初に名前を聞いた時はどこの国のお菓子なんだろうと思ってました。

主人の親友の奥様より教えていただいた、東京にある、オーストリア菓子のお店。

オーストリア→ウィーン→ザッハトルテ

それくらいしかオーストリアのお菓子を思い浮かばないのですが、おいしそうなイメージが強いです。

そのツッカベッカライカヤヌマさんのお菓子は、おいしいと評判ですが、結構高価だとお聞きしました。

一番小さなクッキーの詰め合わせ缶が¥3,150とのこと。

¥3,150!

いったいどんなお菓子なんだろう、どんな味がするんだろう

お店は東京の溜池山王(赤坂)にあるとのこと。

主人の住まいから、そんなに遠くはないので、とりあえずお店だけでも見てみよう!と思い、お店の方に伺いました。

お店は大通りの裏手の通りにありました。

お店は見るからに立派で、

「ここに小市民の私なんかが入っちゃあ、まずいんじゃないか?」

と思うくらいでした。

でも、せっかく来たんだし、お店に入るだけでも…と思い、重たい扉をあけると、そこには綺麗なお菓子がたくさんありました。

「おおお」

心がかなりときめき、お店の中を何周もしながらじっくりお菓子を見ていきました。

生クリームやフルーツでデコレーションしているわけではないのですが、本当にひとつひとつが綺麗で素敵で、見ていて本当に楽しい。

そして、気になっていたクッキー(テーベッカライ)を見てみました。

おいしそう。

食べてみたい…けど¥3,150…

悩んで出た答えが

「何事も経験。1回贅沢ランチをしたと思って、買ってみよう」

Photo

テーベッカライ

パッケージもきれい♪

大阪に戻ってから、そーっと開けてみました。

Photo_2

両端がバニラのクッキー、ココア色がチョコレートのクッキー、真ん中がシナモンのクッキーです。

食べてみたら、確かにおいしい。

クッキーを包んでいるパラフィン紙にバターの油分がつくくらい、バターがたくさん含まれており、食べるとバターのいい香りが口の中に広がりました。

でも、このクッキーは単においしいだけではありませんでした。

1日目は普通に3種類を1つずつ食べ、次の日は3種類を2つずつ食べ、その次の日は3種類を3つずつ食べ・・・

毎日確実に食べる量が増えてる・・・

そして、日ごとにおいしく感じ、毎日食べたい!と思ってきたのです。

これは、¥3,150の値打ちかもしれない。

この調子じゃ、次は大きな缶のクッキーを買ってしまうような気がします。

ちなみに、私はこの中ではバニラのクッキーが一番好きでした。




<ツッカベッカライカヤヌマのテーベッカライ>

テーベッカライ A缶 ¥3,150

ツッカベッカライカヤヌマ  http://zuckerb-kuk.com/kayanuma/index.html

東京都港区赤坂1−4−5

月〜土 11:00〜18:00(金曜日は18:30まで)

定休日 日・祝

|

« RF1(アールエフワン)の三陸産のカキフライ | トップページ | アヲハタのいちじくジャム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1455970/38805262

この記事へのトラックバック一覧です: ツッカベッカライカヤヌマのテーベッカライ:

« RF1(アールエフワン)の三陸産のカキフライ | トップページ | アヲハタのいちじくジャム »